マナーが気になる結婚祝い

結婚祝いのご祝儀袋や贈り物は、マナーに気をつけるようにしましょう。選び方や注意点を知っておくと、相手に喜んでもらえ、最高の思い出になります。

気になるところを読んでみよう

ご祝儀袋の注意すべき基本事項や結婚祝いについての基本を読んでみましょう。これから結婚祝いを渡す時に、きっと役に立つでしょう。4つのオススメ記事も是非見ておいてください。

こちらの記事も注目

ギフト

結婚祝いの選び方

知っておいて損のない結婚祝いのプレゼントの選び方と結婚祝いの人気アイテムを紹介しています。結婚祝いで贈り物を検討している方は、今のうちにチェックしておきましょう。

READ MORE
女性

結婚祝いでNGな贈り物

刃物やハンカチ、割れ物は、結婚祝いで相手に贈るプレゼントとしてはマナー違反とされています。その理由を分かりやすく解説しています。また、結婚祝いの気になる疑問もQ&A形式で載せています。

READ MORE
ウェディング

通販で買う結婚祝い

通販サイトにはいくつものメリットがあります。通販サイトを利用して、結婚祝いのプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。通販サイトの利用方法が分からない方も、この記事を読むことで利用方法を学ぶことができます。

READ MORE
女の人

相手で変わる結婚祝い

上司や友達など、相手によって変わる結婚祝いのプレゼントの選び方を分かりやすく解説しています。贈り物選びで迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてはいかがでしょうか。

READ MORE

ご祝儀袋の基本

必ず新札を入れよう

本来の意味とは違いますが、現在では広く結婚祝いとして認識されているご祝儀袋の基本を紹介します。まず1番気をつけたい基本事項が必ず新札をいれることです。新札とは発行されてからまだ一度も使用されていないお金のことをいいます。銀行や郵便局で両替することができます。ご祝儀袋には必ず新札を入れるようにしましょう。

お札の向きを確認

ご祝儀袋に入れるお札の向きも基本事項の1つです。お札の肖像画が描かれている面をご祝儀袋の表に合わせる必要があります。そして、お札を袋から出す時に肖像画側から先に出るようにしなければなりません。細かいようですが、このようなマナーを気にする方が多く入る方も事実なのでお金の入れ方は注意を払うようにしましょう。

ご祝儀袋の折り方

ちょっとした違いでマナー違反になってしまうのがご祝儀袋の上包みの折り方です。ご祝儀袋を折ってたたむ際は、上側の折り返しが下の折り返しの下にくるようにたたみましょう。逆に下の折り返しを下側にしてしまうと、不祝儀袋と同じたたみ方になってしまい、失礼になってしまいます。折り方まで意識するようにしましょう。

[PR]

結婚祝いにギフトを贈ろう
色とりどりなアイテムを厳選紹介!

名古屋で花屋を探しているなら必見!
要望にあった花束を作ってくれる

フラワーギフト専門の通販サイトをチェック!
全国どこでも送料無料!

父の日に渡すプレゼントを手軽に注文
優良ギフトが満載☆

結婚祝いの基本

贈り物

結婚祝いとは

結婚祝いとは、名前の通り友人や仕事仲間の結婚をお祝いするときの贈り物のことをいいます。誕生日などで贈るアイテムとは違って、贈ってはいけないアイテムや、価格帯などいくつかのマナーがあるので、あらかじめ知識をつけておく必要があります。現在では、現金や商品券も広く結婚祝いとして認識されるようになりました。マナーはいくつかありますが、相手が喜ぶものをあげるという贈り物の基本的な条件は変わりません。

いつ渡せばいいか

結婚祝いを渡すタイミングですが、ご祝儀などの現金は披露宴や結婚式に渡すことが一般的です。しかし、食器やお菓子詰め合わせなどのモノを贈る場合は、挙式当日の1ヶ月ほど前には渡しておくことがマナーとなっています。どんなに遅くても一週間前には渡しておくようにしましょう。また、直接本人の元へ行き、手渡しで渡すのも、宅配などで渡すこともアリです。もしも宅配で本人の自宅に届ける際は、品物と一緒に祝福の気持ちを込めた手紙を同封しておくと良いでしょう。