結婚祝いでNGな贈り物|相手にもっと喜んで貰える結婚祝いを渡したい方へ

これだけは知っておきたい結婚祝いで避けた方が良い贈り物

結婚祝いでNGな贈り物

女性

包丁などの刃物

結婚祝いでは、新生活が始まり身の回りのものを新しく買う必要があります。そのため、料理に使うからといって包丁を贈ってあげたい、と思う方もいますが、刃物は避けた方が無難です。というのも、包丁などの刃物はモノを切ることから「縁が切れる」ことを連想させ、贈り物としては失礼だとされています。

ハンカチ

ハンカチは日本語で「手巾」とかいて「てぎれ」と読まれます。この「てぎれ」という言葉が、縁が切れることをイメージさせてしまいます。そのためハンカチは結婚祝いの贈り物には向いていません。特に布の中でも、白い布は、遺体の上にかける風習があるため贈り物には特にふさわしくありません。最近は、こういったイメージも薄れつつありタオルセットなども贈り物として人気ではありますが、贈る相手のことも考えて慎重に選ぶようにしましょう。

グラスなどの割れ物

お皿やガラス製のコップなど、近年では結婚祝いの中でも人気な贈り物の1つになっていますが、もともとは「割れ物」という名称から「割れる」ことをイメージさせてしまい結婚祝いとしては、マナー違反になっていました。もし食器やグラスなどを贈りたい場合は、贈る相手が本当に喜んでくれるか、こういったマナーを気にしない人か、という点を考えてみましょう。もしも、迷ったら避けておいた方が安全かもしれません。

結婚祝いのQ&A

ご祝儀袋の文字は何で書く?

ご祝儀袋は、毛筆か筆ペンで書くことが一般的です。文字の色は黒で濃ゆく書くようにしましょう。黒色でも薄く書いてしまうと弔事用になってしまうので注意が必要です。また、ボールペンで書くことはNGなので気をつけるようにしましょう。

式に出席しなくても贈り物はする?

結婚式や披露宴に招待されていないくても結婚祝いとして、贈り物を渡すことは問題ありません。むしろ式や披露宴でお祝いの気持ちを伝えられないからこそ、贈り物でお祝いの気持ちを現わしましょう。

披露宴を欠席する場合のお祝い金の金額は?

一般的にお祝いの現金は披露宴や結婚式にご祝儀として渡しますが、もし招待されていても、欠席してしまう場合は、ご祝儀の3分の1か2分の1の金額を渡すと良いでしょう。例えば披露宴出席でご祝儀を3万円渡す予定だった場合は1万円から1万5千円ほどの金額になります。